むつみ会

識別情報エリア

実体のタイプ

組織名

名称の典拠形

むつみ会

名称の平行形式

  • ムツミカイ
  • mutsumikai

他のルールによる名称の標準形式

名称の他の形式

組織体用識別子

記述エリア

実在期間

1962.5.22-1978.8.30

歴史

1962(昭和37)年5月22日、立石電機と立石電機販売の合同による「むつみ会」が発足。その後、各P会社でも発足(単一機種の生産を行う各工場を独立採算制とし、管理業務のみを本社で担う立石電機独自のプロデューサーシステム)による関連会社、すでに労働組合があったさがの分会を除く)
7月に機関誌「むつみ」、10月に家族向け機関誌「むつみホーム」を発刊。会則制定。
1965(昭和40)年、分社化していた関連会社の合併により、むつみ会の組織を改正し、各事業所の組織を分会とし、最高意思決定機関として分会長会議を設置。
1968(昭和43)年、むつみ会にむつみ本会議、合同労働委員会、合同福祉委員会を新設。経営機構と社会機構を制度的につなぐ「経営協議会」を新設。
1971(昭和46)年、最高意思決定機関として中央委員会を設置。経営機構との折衝のため、運営委員会が設置された。機関誌「前進」創刊。
1978(昭和53)年4月2日、長岡事業所を中心に総評全国金属労働組合立石電機支部(全金立石)が結成され、むつみ会による労働条件にかかわる活動を停止。
8月30日、会の財産清算処理を終了し、解散。

場所

法的ステータス

役割・職業・活動

立石一眞社長の発案により企業目的を遂行するための経営機構と両輪をなす一般地域社会とまったく同じ性格をもつ人としての集まりである社会機構として構想された。なお、社会機構は人間関係を中心に社会的、経済的、文化的地位の向上を志向するとされる。

信任・権限付与の根拠

内部構造・系譜

1962年

一般的文脈

関係エリア

アクセスポイントのエリア

Occupations

管理エリア

典拠レコード識別子

00020

機関識別子

JP1005176

記述規則ないし慣例

記述ステータス

下書き

記述の詳細さ

部分的

作成・訂正・削除した年月日

言語

文字

参照情報源

『創る育てる 立石電機55年のあゆみ』立石電機株式会社,1968,pp.88-93

メンテナンス注記

  • クリップボード

  • エクスポートする

  • EAC