シリーズ 000-001 - 近江絹糸紡績株式会社

識別情報エリア

レファレンスコード

JP 1005176 0006-000-001

タイトル

近江絹糸紡績株式会社

日付

  • [1950]-1962 (作成)

記述レベル

シリーズ

数量と媒体

新聞・雑誌・冊子・文書 92点(69件)

コンテクストのエリア

作成者名

(1917-)

管理の履歴

1917(大正6)年、「近江絹棉株式会社」の社名で、滋賀県犬上郡彦根町大字西馬場104番地に会社を設立された。1918(大正7)年、同住所に彦根工場を竣工し、従業員160人でペニー(絹紡糸の半製品)の製造を開始。
1919(大正8)年、社名を近江絹絲紡績株式会社に変更し、翌年、彦根工場に絹紡機3000錘を設置し、絹糸紡績業に転換した。1936(昭和12)年、彦根工場にスフ紡績機を新設し、スフ紡績に進出した。1939(昭和14)年、日本絹絲紡績(株)の株式過半数を取得(後に合併。富士宮工場)、同年、岡徳織布を買収し、織布部門に進出した(中津川工場)。1940(昭和15)年、日本ビロード(株)の株式を取得(後に合併。長浜工場)、1941(昭和16)年、大島光綿紡績(株)(和泉工場。後に売却)を吸収合併した。1942(昭和17)年には、大阪証券取引所に株式上場した。1943(昭和18)年、中山織布(株)(岸和田工場)、関東紡績(株)を吸収合併した。
一方、第一次世界大戦中は三菱重工業(株)と提携し、航空機製作に進出し、彦根工場のほか、各工場の一部を航空機生産に貸与するなどした。
 戦後は、1948(昭和23)年、彦根工場に綿紡績設備一万錘を新設し、綿紡績にも参入した。1950(昭和25)年、本社を彦根から大阪支店へ移転。同年、日本電気(株)大垣工場を買収し、綿紡績、スフ紡績、織布設備新設に着手し、一部操業開始(大垣工場)。1952(昭和27)年、中日本工業(株)の敷地払下げを受け、綿スフ紡績操業開始(津工場)。
 1953(昭和28)年末の保有設備は以下の通りである。
[彦根工場]  綿糸紡績41,048錘、スフ紡績31,424錘、絹糸紡績18,600錘、梳毛紡績10,000錘
[大垣工場]  綿糸紡績99,912錘、スフ紡績36,800錘、織機 666台
[津工場]   綿糸紡績81,180錘、スフ紡績13,200錘、
[富士宮工場] 綿糸紡績46,000錘、スフ紡績39,100錘、紬糸紡績1,800錘、
[中津川工場] スフ紡績31,600錘、織機240台
[長浜工場]  織機400台、
[岸和田工場] 織機642台、
1955(昭和30)年5月の各工場等在籍者数は以下の通りである。
[彦根工場] 2,426人 [大垣工場] 2,684人 [津工場] 1,989人 [富士宮工場] 1,243人 [中津川工場] 780人 [岸和田工場] 476人 [長浜工場] 330人 [本社] 193人 [東京] 33人 [名古屋] 11人

1956(昭和31)年、スフ綿原料を製造する化繊プラントを新設(加古川工場)。1963(昭和38)年、二次製品である寝装品・メリヤス製品の販売を開始し、翌年には、高級婦人服部門に進出。
  1968(昭和43)年、社名をオーミケンシ㈱に変更。
(『幾山河七十年 オーミケンシの歩み』より作成。在籍者数は、本コレクション[B264]『調査月報NO5』(1955年)による。主に、当コレクションに関連のある時期の沿革のみを記述)

リポジトリ

アーカイブズ資料の来歴

直接の取得先または移管元

内容と構造のエリア

範囲と内容

この文書群は、近江絹糸紡績株式会社が作成・発行した資料からなる。

評価選別・廃棄・スケジュール

追加資料

編成システム

作成組織により、下記のサブ・シリーズに分類した。
1 本社
2 彦根工場

アクセス条件のエリア

アクセス条件

複製の条件

言語資料

資料のスクリプト

言語とスクリプトの注記

物理的特徴と技術的要件

検索手段

関連資料エリア

原本の存在と所在

コピーの存在と所在

記述単位

アーカイブ記述

注記のエリア

別の識別子

アクセスポイント

主題のアクセスポイント

場所のアクセスポイント

名称のアクセスポイント

ジャンルのアクセスポイント

記述コントロールのエリア

記述の識別子

機関識別子

記述規則ないし慣例

記述ステータス

下書き

記述の詳細さ

日付の作成 訂正 削除

言語

文字

参考文献

受入資料エリア

主題

典拠レコード

ジャンル

場所