近江絹糸紡績株式会社

識別情報エリア

実体のタイプ

組織名

名称の典拠形

近江絹糸紡績株式会社

名称の平行形式

  • 近江絹絲紡績株式会社
  • オウミケンシボウセキカブシキガイシャ
  • 近江絹糸紡績
  • オウミ ケンシ ボウセキ
  • Omi Kenshi Boseki Kabushiki Gaisha

他のルールによる名称の標準形式

名称の他の形式

組織体用識別子

記述エリア

実在期間

1919-1968

歴史

1917(大正6)年、「近江絹棉株式会社」の社名で、滋賀県犬上郡彦根町大字西馬場104番地に会社を設立された。1918(大正7)年、同住所に彦根工場を竣工し、従業員160人でペニー(絹紡糸の半製品)の製造を開始。
1919(大正8)年、社名を近江絹絲紡績株式会社に変更し、翌年、彦根工場に絹紡機3000錘を設置し、絹糸紡績業に転換した。1936(昭和12)年、彦根工場にスフ紡績機を新設し、スフ紡績に進出した。1939(昭和14)年、日本絹絲紡績(株)の株式過半数を取得(後に合併。富士宮工場)、同年、岡徳織布を買収し、織布部門に進出した(中津川工場)。1940(昭和15)年、日本ビロード(株)の株式を取得(後に合併。長浜工場)、1941(昭和16)年、大島光綿紡績(株)(和泉工場。後に売却)を吸収合併した。1942(昭和17)年には、大阪証券取引所に株式上場した。1943(昭和18)年、中山織布(株)(岸和田工場)、関東紡績(株)を吸収合併した。
一方、第一次世界大戦中は三菱重工業(株)と提携し、航空機製作に進出し、彦根工場のほか、各工場の一部を航空機生産に貸与するなどした。
 戦後は、1948(昭和23)年、彦根工場に綿紡績設備一万錘を新設し、綿紡績にも参入した。1950(昭和25)年、本社を彦根から大阪支店へ移転。同年、日本電気(株)大垣工場を買収し、綿紡績、スフ紡績、織布設備新設に着手し、一部操業開始(大垣工場)。1952(昭和27)年、中日本工業(株)の敷地払下げを受け、綿スフ紡績操業開始(津工場)。
 1953(昭和28)年末の保有設備は以下の通りである。
[彦根工場]  綿糸紡績41,048錘、スフ紡績31,424錘、絹糸紡績18,600錘、梳毛紡績10,000錘
[大垣工場]  綿糸紡績99,912錘、スフ紡績36,800錘、織機 666台
[津工場]   綿糸紡績81,180錘、スフ紡績13,200錘、
[富士宮工場] 綿糸紡績46,000錘、スフ紡績39,100錘、紬糸紡績1,800錘、
[中津川工場] スフ紡績31,600錘、織機240台
[長浜工場]  織機400台、
[岸和田工場] 織機642台、
1955(昭和30)年5月の各工場等在籍者数は以下の通りである。
[彦根工場] 2,426人 [大垣工場] 2,684人 [津工場] 1,989人 [富士宮工場] 1,243人 [中津川工場] 780人 [岸和田工場] 476人 [長浜工場] 330人 [本社] 193人 [東京] 33人 [名古屋] 11人

1956(昭和31)年、スフ綿原料を製造する化繊プラントを新設(加古川工場)。1963(昭和38)年、二次製品である寝装品・メリヤス製品の販売を開始し、翌年には、高級婦人服部門に進出。
  1968(昭和43)年、社名をオーミケンシ㈱に変更。
(『幾山河七十年 オーミケンシの歩み』より作成。在籍者数は、辻保治資料 JP 1005176 0006-0000-0002-0001-413 『調査月報NO5』(1955年)による。主に、当資料群に関連のある時期の沿革のみを記述)

場所

滋賀県犬上群彦根町大字西馬場104番地(1919-1950.02),大阪市東区北浜2丁目71番地(1950.02-1955.04),大阪市東区淡路町4丁目25番地(1955.04-1968)

法的ステータス

株式会社

役割・職業・活動

信任・権限付与の根拠

内部構造・系譜

一般的文脈

関係エリア

アクセスポイントのエリア

Occupations

管理エリア

典拠レコード識別子

00002

機関識別子

JP1005176

記述規則ないし慣例

記述ステータス

記述の詳細さ

部分的

作成・訂正・削除した年月日

2019-07-06作成

言語

文字

参照情報源

『幾山河七十年 オーミケンシの歩み』
在籍者数は、辻保治資料(近江絹糸労働組合関資料) JP 1005176 0006-0000-0002-0001-413 『調査月報NO5』(1955年)
国立国会図書館典拠データ ID00632795 http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00632795

メンテナンス注記

作成者:下久保恵子
  • クリップボード

  • エクスポートする

  • EAC