全国繊維産業労働組合同盟

識別情報エリア

名称タイプ

組織名

正式名称

全国繊維産業労働組合同盟

名称の異なる表記

  • ゼンコクセンイサンギョウロウドウクミアイレンメイ
  • 全繊同盟
  • ゼンセンドウメイ
  • Zenkoku Sen'i Sangyo Rodo Kumiai Domei

他の規則に従って標準化された名称の形式

他の名称のフォーム

組織体用識別子

記述エリア

実在期間

1946-1974

歴史

繊維労働組合の全国産業別組織。正式名称は、全国繊維産業労働組合同盟。1946年7月31日、総同盟準備会の産業別組織方針によって、結成された。その後、総評に参加したが、1952年12月、総評の指導方針を批判する4単産批判を行い、総評を離脱した。のちに全労会議に加わり、同盟の中核組合として活動した。(法政大学大原社会問題研究所『社会労働大事典』旬報社,2011,pp.491-492参照)
1954年6月、近江絹糸紡績労働組合は結成と同時に全繊同盟に加入し、その後、人権争議を経済的・人的に支援し、、指導的な役割を果たした。また、近江絹糸労働組合の分裂期前後の1958年~1960年には、組合にかわって団体交渉の主体となった。

場所

法的ステータス

役割・職業・活動

信任・権限付与の根拠

内部構造・系譜

一般コンテキスト

関係エリア

アクセスポイントのエリア

Occupations

管理エリア

典拠レコード識別子

00008

機関識別子

JP1005176

記述規則ないし慣例

記述ステータス

記述の詳細さ

作成・訂正・削除の日付

2019-04-04作成

言語

文字

参考文献

法政大学大原社会問題研究所『社会労働大事典』旬報社,2011
国立国会図書館典拠データ ID:00639652 https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00639652

メンテナンス注記

作成者:下久保恵子
  • クリップボード

  • エクスポート

  • EAC